本格焼酎の飲み方−焼酎ライフ通販

焼酎ライフ通販Homeへ
焼酎ライフ通販はおすすめ焼酎と焼酎の楽しさをお届けする通販サイトです
お電話でのご注文・お問い合わせは 0985 22 3741
焼酎ライフ通販Home>本格焼酎の飲み方

 本格焼酎の飲み方

本格焼酎のおいしい飲み方について、私見も交えてご紹介します。
 

 水について

水割りにしても、お湯割りにしても意外と注目されていないのが「水」です。本格焼酎は、日本酒などとはちがって、水で割っても水っぽくなるということがありません。特に、よい焼酎は少々多めに割っても、しっかりと風味・香りを保っています。

ただし、水の質には大きく影響されます。本格焼酎は、香りもそのうまさのおおきな要素ですので、水にカルキ臭や泥臭がついていてはだいなしになってしまいます。

また、ミネラルウォーターも、あまり硬度が高いもの(ミネラル分を豊富に含むもの、特にヨーロッパ系)は、合わないように思います。
 

 ストレート・オンザロックス

オンザロックス宮崎で飲まれるアルコール度数20度の本格焼酎は、もともとストレートで飲む習慣があったので、より飲みやすい20度が定着したのではないかと思います。

20度でも25度でも、お酒に強い方はストレートで飲まれることも多 い かと思いますが、14〜5度の日本酒などよりは高い度数ですので、毎日大量に飲みつづけることは、けっして身体によいことではありません。

これとは別に、原酒などのアルコール度数の高い本格焼酎を、生(き)の まま飲むことを好まれる方もいらっしゃるかと思います。特に、初留取り (ハナタレ、ハツダレ)の焼酎(40〜44度)は、冷凍庫(冷蔵庫ではありません)でキリキリに冷やして飲むとおいしいとされます。

ロックは、氷から解け出す水によって、味の変化を楽しみたいという向きもあるかとは存じますが、あまり水の割合が高くなるのを避けるためには、焼酎の方も先に冷蔵庫で冷やしておくのがよいと思います。

オンザロックスがおすすめの焼酎
マヤンの呟き 一生繁盛

 お燗

黒じょか他所から宮崎に来られた方は、宴会にお燗が出てきて、日本酒かと思ったら、焼酎が入っていたという経験をされたという話をよく聞きます。焼酎王国宮崎ならではのことです。

鹿児島では、「ちょか」(特に黒い色をした「黒じょか」が主流です)と呼ばれる酒器に、焼酎を入れて暖める伝統的な飲み方があります。中に入れる焼酎は、そのままでも、割り水してもお好みで。やはり人肌ほどに暖 めるのが最高のようです。

お燗がおすすめの焼酎
 
めおと蔵

 水割り

ロックグラス水割り、お湯割りについては、使用する水に大きく左右されることがあり ます。前記の「水について」をご参照ください。

次に、焼酎と水との割合です。飲んでいちばんおいしく感じられるアルコール度数は、14〜15度といわれます。これは日本酒やワインのアルコール度数です。よく言われる6:4(焼酎6に対して水4の割合)というのは、計算してみると25度の焼酎に適しています。20度の焼酎では、7:3くらいが適当でしょう。40度くらいの、もっとアルコール度数が高い場合は5:5から4:6程度がよいと思います。

もっとも、これも前で述べたように、本格焼酎は少々多めの水で割っても風味が失われるということはありません。したがって、あまりお酒に強くない方は、自分の好みの割合で水割りされても十分おいしくいただけます。
 

最後に、水割りの作り方です。水を先にいれるか焼酎を先に入れるかという議論はあまり意味がないように思えます。どちらが先でも、軽くステア(スプーンなどでかき混ぜること)すればよいことですから。本格焼酎は、少々かき混ぜたからといって、味がおちるようなヤワなお酒ではありません。

それよりも、水割りは、作ってから一日以上寝かすことをお勧めします。たぶん、アルコールと水との化学的結合に変化が起きるというようなことだと思いますが、むずかしいことはわかりません。とにかく、好みの割合で水割りを作ってペットボトルなどの容器に入れ、一晩以上冷蔵庫に入れておくと、焼酎が格段においしくなります。どうぞためしてみてください。

水割りがおすすめの焼酎
  青潮
黒霧島

 お湯割り

6−4カップお湯割りにするときのお湯の割合も、水割りのときに述べたように、6:4、7:3などの割合で作ります。

お湯割りを作るときにはお湯を先に器に入れておいてから焼酎を注ぐのがよいとよく言われますが、これも、水割りのときに述べたように、どちらが先でも、軽くステアすればよいので、あまりこだわることはないと思います。

むしろ、お湯割りをその場でつくる場合の温度調節の難しさなどから言えば、こちらも、あらかじめ好みの割合で水割りを作り置いてから、それを暖めるという方法が、温度調節のしやすさ、水と焼酎との馴染み具合から、よいように思います。

暖める方法は、暖めすぎなければ、電子レンジでもかまいません。そのほか、酒器を使った方法では、「お燗」のときにご紹介した「黒じょか」で、火で暖める方法や、カンピン、「タンポ」と呼ばれる金属製のカップ(屋台でよく見ましたね)などで湯煎する方法などがあります。いずれも、お好みの温度でどうぞ。

お湯割りがおすすめの焼酎
 
霧島

 その他の飲み方

本格焼酎は、甲類焼酎(連続式蒸留しょうちゅう)とは異なり、その香りも風味のひとつですので、一般には香りのあるもので割ることはないのですが、お酒に弱い方や本格焼酎の香りを好まれない方は、ウーロン茶やジュース、タンサンで割ることも、もちろんかまいません。

要は、飲まれる方のスタイルに合わせて、それぞれの飲み方で召し上げるのがいちばんです。
ただし、アルコール度数が高いものを継続して飲むことは、やはりノドや胃に負担が大きく、また割って飲まれる方も、毎日欠かさず飲むことは、アルコールへの依存度を高めて行くことになると思われます。

週に1〜2日は休肝日を設けて、健康に注意しながら、すばらしい焼酎ライフをお楽しみください。