本格焼酎とは−焼酎ライフ通販

焼酎ライフ通販Homeへ
焼酎ライフ通販はおすすめ焼酎と焼酎の楽しさをお届けする通販サイトです
お電話でのご注文・お問い合わせは 0985 22 3741
焼酎ライフ通販Home>本格焼酎とは

 本格焼酎とは

本格焼酎とは、 蒸留酒のうち、「単式蒸留しょうちゅう」 といわれるお酒です。

  酒類 ┳ 醸造酒
      ┣ 蒸留酒 ┳ 焼酎 ┳ 連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)
      ┃       ┃     ┗ 単式蒸留焼酎(乙類焼酎・本格焼酎)
      ┗ 混成酒 ┗ ウィスキーなど

お酒とは、アルコール(エチルアルコール)を含む飲料です(すいぶん大ざっぱな定義ですが、とりあえずそういうことにしてください)。

お酒は、その製法により、醸造酒と蒸留酒の2つに分けられます(この他に混成酒という分類を加えることもあります)。
 

 醸造酒

醸造酒とは、ぶどうなど果実の絞り液や、米などのデンプン質を麹で糖化して出来た糖液に、酵母(イースト)を加えて造ったお酒です。

酵母はアルコール発酵により、糖分をアルコールに変えることができる微生物です。
お酒は、まさに生き物がつくった食物(飲料)なのです。

醸造酒は、一般にアルコール度数が低く、また原料に由来するエキス分をたくさん含む、さまざまな味わいのお酒です。

醸造酒には、日本酒(清酒)、ワイン、ビール、中国の老酒などがあります。
 

 蒸留酒

本格焼酎は蒸留酒のひとつです。

蒸留酒とは、醸造してできた酒やもろみを蒸留してできるお酒をいいます。

蒸留とは、液体により沸点(沸騰する温度)が異なる点を利用して、その成分を分離する方法で、醸造酒に熱を加えると水分より先に蒸発してくるアルコールを集めることにより、アルコール度数が高いお酒を得ることができます。

蒸留酒はまた、醸造酒とは異なり、エキス分を多く含みません。ただし、アルコールと一緒に揮発してくる成分により、香りや味わいが異なってきます。

代表的な蒸留酒に、焼酎のほか、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ジン、ラムなどがあります。

本来、蒸留して出来たお酒は、無色透明ですが、ウィスキー、ブランデーなど、色がついたものがあります。

これは、樫樽やオーク樽などに貯蔵して熟成させたためです。樽貯蔵することにより、深みのある色と味わい、香りを楽しむことができるようになります。

本格焼酎にも琥珀色や淡い色がついたものがありますが、これも木製の樽に貯蔵することにより独特の色・香りがつけられたものです。
 

 混成酒

お酒には、醸造酒、蒸留酒のほかに混成酒というものがあります。

これは、醸造酒や蒸留酒などに、果実や薬草を漬け込むことにより、さまざまな色・味・香りや薬効が加えられたお酒のことです。一般には、リキュールと呼ばれます。梅酒などがこの仲間です。
 

 連続式蒸留しょうちゅうと単式蒸留しょうちゅう

焼酎は、日本では税法上、連続式蒸留しょうちゅう(旧名称甲類焼酎)と単式蒸留しょうちゅう(旧名称乙類焼酎)とに分けられます(法律上焼酎は「しょうちゅう」と表記されます)。

これは、 製造工程による違いです。

連続式蒸留しょうちゅうは、糖蜜・穀類を原料に、連続式蒸留器により蒸留して造られた もので、高い純度・濃度のアルコールが得られます。ホワイトリカーと呼 ばれることもあります。

単式蒸留しょうちゅうは、芋、麦、そば等を原料に、単式蒸留器で蒸留して造られたも のです。その原料により、さまざまな味わいが生まれます。

この単式蒸留しょうちゅう を本格焼酎と呼びます。
 

 連続式蒸留しょうちゅう

連続式蒸留しょうちゅうとは、連続式蒸留器により、蒸留を繰り返して造った焼酎で、税法上はアルコール度数が36度未満のものとされています。

蒸留の過程で、アルコール以外の揮発成分が取り除かれるため、色や匂いがない、純粋なアルコールに近いものとなります。

このため、そのまま飲用のほか、酎ハイやカクテルのベースとして利用されます。また、梅酒などの果実酒を漬け込むお酒として使われることが多いのも、焼酎の味や香りが果実の風味を邪魔することが少ないためです。
 

 単式蒸留しょうちゅう

本格焼酎、旧名称乙類焼酎、今の税法上の品目名で単式蒸留しょうちゅうは、その名称どおり、1回きりの蒸留で造られた焼酎です。

そのためアルコール以外の揮発成分を多く含み、原料に使われる芋類・穀類によって、それぞれに異なった風味と豊かな個性を持った焼酎となります。

本格焼酎の名称は、単なる税法の区分上の呼び名である「乙類」という名称が、何か低級なものであるかのような印象と誤解を与えていたため、昭和34年頃、南九州の焼酎メーカーがこれを「本格焼酎」と呼ぼうという運動を起こし、法律上別名として正式に記載されることとなったものです。